~GINKGO 恵比寿ガーデンプレイス近くの花屋です!~
カテゴリ:つぶやき( 38 )


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

お茶会体験してみませんか?
a0060141_16351149.jpg
今年のお正月は、母の古希のお祝いを兼ねて京都へ帰っていました。
いつも京都では友人に会ったりしてバタバタと忙しくして帰って来てしまうのですが今回はゆっくりしようと決めていましたので、以前から一度訪れて見たかった「佐川美術館」へ両親と一緒に行ってきました。

佐川美術館はコレクションも建物も素晴らしいのですが、特にお茶室があるのが面白い美術館で、その茶室を見たいと言うのが私が佐川美術館を訪れた理由でした。お茶室は楽吉左右衛門さんが監修された現代のお茶にふさわしい空間と言うコンセプトで作られた茶室で、予約すると案内付きで見学をさせていただけます。
「吉左衞門X 暗闇の音 静寂の光」という楽さんの陶器と映像とのコラボレーションの展示もとても面白かったので、機会のある方にはオススメです!

こうやって京都などに帰ると、京都は本当にお茶との縁が深い土地なのでお料理をいただいていても、街を歩いても、誰かの家を訪ねても、あちこちにお茶に関連している物事を目にする事になります。そうやって、「お茶=もてなしの心」を感じる生活はとても豊かだなと改めて思うようになりました。

お茶と言うと、私は京都で長くお稽古をしていましたがそれっきり全く縁が無くなり長く経ってしまっていました。それがひょんな事から最近少しだけお茶に関する事をする機会があり、それからお茶やそれにまつわる色々な事がとても興味深く思うようになりました。

そのひょんな事と言うのが「へそ茶会」と言うグループで、クリエイターやデザイナーの方々が「お茶を通して “おもてなし” について考え、 発信する」と言うキーワードで集まったグループの一員となった事でした。今までも何度かグループの中の誰かが「亭主」などになり茶会を催してきましたが、初めて今回はどなたでもご来場いただける茶会をグループの言いだしっぺ、藤本ゆかりさん亭主で開催する事になりました。

私も花とお点前を担当する事になっています。

お茶の心得のある人は主催社のへそ茶側にもほとんどいませんので、お茶の心得は必要ありませんし、平服でお越しいただけます。今回は「地獄」がテーマのちょっと面白い企画です。「何故、地獄なの??」と思いますよね。それにはちゃんと訳があるんです。衣装デザイナーの亭主が「地獄」をテーマにおもてなしをする「劇場型 茶会」です。

1月29日(火) 場所:三鷹 井心亭  時間:13:00~19:00(完全予約制) 会費:3000円

詳しくはこちらへ → へそ茶HP

しきいの低い茶会ってなかなかありませんが、この機会に是非、茶会なるものを体験してみませんか?面白いですよ♫

皆様のご参加をお待ちしております。山岡は終日会場におります♫

※ 写真は佐川美術館の水面の陰が写る壁


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2013-01-08 16:43 | つぶやき | Comments(0)
乗り越えない壁
a0060141_1573547.jpg
ノーベル賞の山中先生の話題が持ちきりですね。父がiPSアカデミアジャパンと言う京大のiPS細胞関係の会社の取締役をやらせていただいている関係で、以前よりお名前を聞いていた山中先生の受賞はとても嬉しいニュースでした。父もずっと「これからの医学は細胞での治療と言う飛躍的な時代を迎える」と言い続けていました。素晴らしい事ですね!

そのニュースに触れて、お店やお花とは関係の無いかもしれませんが、私がちょっと最近考えた事を。

山中先生は、はじめに志した整形外科の道で手術がうまく無いと言う挫折を味わい、道を変えて進まれたとの事でしたね。

その話を聞いて、「自分を知る」と言う事、そして「自分の価値の発揮できる場所を見つける」事の大事さを改めて考えました。

私自身は、優秀な人が周りに多く、その中での落ちこぼれ者。「努力が足りない」と言われ続けて育ちました。ところが、もともと性格が楽天家の上に若気のいたり的な根拠の無い自信を持っていて、バブル世代の妙な「なんとかなるわ」思考?であれこれとあまり心配しない性格なので、大きな壁と感じるような事は正直あまり経験した事がありませんでした。

それが自分でお店を経営するようになり、大人になったからでしょうか、震災などのショックもあったかもしれないのですが、ここ数年は何か起こった時に自分を「足りない者」として考えてしまうようになり、変なスパイラルに入ると「出来ない自分」を責め続けて苦しくなる、と言う癖が付いてしまっていました。

最近になってやっと少しづつ「自分を許す」と言うような事が少しづつできて来たような気がしています。それは、自分とはどういう人なのか?と、立ち止まって客観的に見てみる。すると、「こういう人間かな。」とちょっと自分が理解できる。自分を良く知る友人などと話してみて、確認してみる。すると意外な自分の弱点や逆に良い所も見えて来る。そんな事でした。こんな年になって、自分なのに、自分自身をあまり知らない面もある事に気付いたりします。そして、自分を知ると、自分を許す事も出来るようになり、人の事も許せる事にも気づきました。

壁にぶつかった時に「努力が足りない」とか「弱い」「能力が低い」とネガティブな方向に考えがちな私なのですが、山中先生の話を知って、そうでは無く、「自分には向いていない」と考え、改めて自分のやるべき事、やれる事を優先的に考える思考って大切だなと改めて思ったのです。

壁は「乗り越えるべき物」では無い可能性も大いにあると言う事ですね。

そしてもう一つ、自分の事を振り返ってみると人生の一番大きい分岐点は30歳で、上京して花屋に就職した時でした。その分岐点を間違えなくて良かったな。。と、心から思うのです。大きい決断でしたが、勢いってコワイですよね。笑

でも、その決断が無ければ今の私もGINKGOと言う店も無いわけですから!
さて、この先にはどんな分岐点が待っているのでしょうか。

山中先生の座右の銘は「VW」、ビジョンと努力(Work Hard)だそうです。努力はもちろんビジョン、方向性の選択の大事さを改めて考えさせられている今日この頃です。


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2012-10-14 15:17 | つぶやき | Comments(0)
夏のアレンジ
a0060141_1717448.jpg

本当に暑いですね~。毎日、お店の鉢花を外に並べるだけで汗だく!熱中症になりそうです。水分補給をしっかり気をつけましょうね。

夏のアレンジメントはやっぱり蘭や持ちの良いお花がおすすめです。今年の夏は相変わらず黄色に惹かれているのですが、こんな濃い紫色も気分です。

少しピンクなどが入っても良いのですが今回は意識的に少し男性的な色で抑え気味でお作りしました。右下に見えているダリアみたいな花は実は菊です。グリーンと白のグラデーションがとても美しい花ですね。保ちも良いと思います。


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2012-07-25 17:21 | つぶやき | Comments(0)
負けるな日本男子!
a0060141_11253354.jpg

愛の花束やプロポーズの花束などが得意なギンコです。つまり、そういうロマンティックなシーンに携わる事は多い私達です。残念ながら日本では男性が女性にお花を贈るシーンはまだ、特別感がある事が多いような気がしています。もちろん、大事な日のお花をおまかせいただくのは本当に嬉しいのですが、もうちょっと気軽に男性がお花を贈っていただけるような日が来る事も願っている私です。

欧米の男性がバゲットワイン、花束を持ってさっそうと家路に向かう姿は全然めずらしくありません。民族的にアジアの男性はシャイなのかなと思っていたら、どうやら違ったようです。

このアレンジはアジア系の外国人の方から彼女へのアレンジです。

特別な記念日?

いえいえ。彼が出張に行くので、その間寂しくないように、と彼女へのプレゼントなのです!!
なんて気が利いていて、素敵なんでしょう!

a0060141_11303071.jpg

張り切って愛を伝える素敵なバラを沢山豪華にアレンジしました。こんなお花を貰って喜ばない女性は居ないでしょう!

さて、後日談。

この話をと友人にしてみたら、面白い反応が!

「世の中には男と女しか居ないって本当??!!」

「じゃあ、うちに居るあれは・・・・何??!」と絶叫。


思わず大爆笑しました!!やれやれ。。

日本男子の人たち~~~っ!!頑張って~~~!!


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2012-04-20 11:39 | つぶやき | Comments(0)
雲のなか 2人展
a0060141_821168.jpg

山岡多美子 高須英代 2人展
日帰り京都で行って来ました。

山岡多美子…つまり、私めの母。高須英代は私の親友です。

この2人、実の親子より親子みたいな不思議な関係です。とうとう、こんな2人展を開催しました!

ヒデは染色。藍染の作家です。彼女とは中学生時代から同じ美術部で肩を並べた中ですが、そんな頃からヒデ独特の素晴らしい感性乗った持ち主。今回の作品もそのままの彼女の個性がパワフルに表現されて素晴らしい物となっていました。

一方母は、長年写真を趣味としてきました。あちこちへ撮影に出かけては撮りためた「雲」を主題の展示です。良く若い方で雲だけを撮っている方がありますが、そんな青春の雲と言うより長い人生歩いて来た年輪か、味わい深い雲となっていてなかなかのボリュームです。

沢山の方に朝からご来場頂き、見応えのある展示となっていました。

4月15日まで
11時より19時
最終日 17時まで

ギャラリー リトル スペース
京都市下京区四条室町角 鶏鉾町478


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2012-04-11 08:21 | つぶやき | Comments(2)
みんなのみんなのクリスマス!
a0060141_14241318.jpg

私の大好きなフランス雑貨のお店「プチ・コキャン」の社長、久美子ちゃんは、のんびりしたような風情のおだやかな人なのに私の知る限りで一番甲斐性のある女社長。彼女のだんな様は専業主夫になり息子の子育てと家庭を切り盛りしているのですから、夫婦そろって格好良すぎなのです。

ギンコには沢山の輸入雑貨があります。わたくし山岡がヨーロッパから買い付けて来るのですが、お店を始めて間もない頃は色んな失敗やわからない事が沢山あり久美子ちゃんには本当に色いろとお世話になったものです。

ものすごく多忙な彼女と「ゆっくり会おう!」と毎回言いながら一緒にゆっくり食事が出来るのは絶対に海外の出張先。

そんな人なのに、震災後に「がれき撤去に行ってくる!」とハードスケジュールで自分の会社のスタッフを連れて行って、また今回は南相馬の小学校で子供たちにクリスマスパーティをする為ボランティアに行くと言うではありませんか。

12月、花屋はもちろんですが彼女の会社もものすごく多忙な季節なはずなのに本当に頭が下がります。

私も行きたい!ところですが、彼女の大会社と違って小さい花屋の店主は動きが取れない。と、言うわけで「協賛させて!」とお願いしてこんなプレゼントをご用意することができました。

ジュリアンというかわいいお花にクリスマスオーナメントを付けて。

a0060141_14242810.jpg

震災後、しばらく切花を無料配布していました。それからしばらくして、沢山お花を無断で取っていく人があったり、東京の人々の心は少しづつ癒えてきたかな、、、次は何をしよう。。と思いながらもコレ!という事なく日にちが過ぎてきた私には嬉しいきっかけでした。

ほんのわずかでも、子供たちに明るい気持ちが届けば良いなと思います。日本中、世界中のみんなに良いクリスマスになりますように。


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2011-12-18 14:45 | つぶやき | Comments(0)
黒い子のつぶやき・・
a0060141_18454879.jpg

社長です・・・。
ご無沙汰しております。「社長」という名前の猫です。
真っ黒ですが右手だけ少し白い所があります。

山岡さんと暮らしております。

あんまり世話はしてもらっていませんが、毎日ぎゅーっとしてから、
撫でてもらうのが日課です。

あ、すみません。大きいですか?


a0060141_18494389.jpg


そうなんです。少し最近太りまして。
っ言うか、骨格から大きくなったって言われてます。

まだ成長してるんでしょうかねぇ。

夏の間、寝転がってばかりいたからでしょうかねぇ。
暑いと歩くのもイヤですからねぇ・・。

涼しくなってきたので最近はおもちゃ投げてもらって
走って取りに行くを繰り返すようにしています。

今度、私がおもちゃを咥えて持って来たら投げてくださいね。
ひとつ、よろしくお願いしますよ。


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2011-09-17 18:52 | つぶやき | Comments(0)
少し真面目なはなし
a0060141_9184933.jpg

東京大学名誉教授 原島先生のお話しを聞いて来ました。

「コミュニケーション技術の進歩を100年単位で俯瞰する」と言う難しそうなタイトル。しかし内容は、これからの私達のヒントになる興味深いお話だと思ったので、お花とは関係ありませんがちょっとご紹介します。


18世紀から現代までに馬車は自動車になり、飛行機が飛ぶようになり、月に降り立った人類はスペースシャトルを飛ばしました。機関車の発明により鉄道が発達し、電車へ、通信技術発達で見ると手紙から電信、電波、今やインターネットの時代へと様々な技術発達が社会を作り上げてきました。

これらのめまぐるしく発達した技術はそれぞれに旬があり、衰退、または私達の生活に定着しました。
そして、実はそれらの技術発達は世界の覇権争いを背景にした必然でした。

例えば、陸の支配 により世界を制覇したモンゴル、オスマントルコ時代、海も支配する必要が出来、   航海術が発達してスペイン ポルトガル オランダ フランス イギリスの時代へ移り代わりました。産業革命の背景にあったのは帝国主義 。鉄道技術、通信技術が発達し、世界大戦は航空券宇宙技術を発達させ、宇宙開発の背景には東西冷戦の米ソ対立がありました。


今、時代はネットワークの支配 、情報技術が鍵を握ります。アメリカはネットワークにより世界の覇権を確保しようと、1993年代にすでにゴア副大統領が「情報スーパーハイウェイ構想」を打ち上げ、
1996 ジョセフ・ナイは「核の傘から情報の傘へ」と述べました。

その結果、アメリカは決定的にネットワークの勝者となり、その象徴にインターネットにおける共通語は英語です。かつて、海の時代を勝ち残ったイギリスに産業革命が起き、そしていま、ネットワーク革命の時代をアメリカがリードしているのです。


ベルリンの壁の崩壊1989の時は国境越えてテレビの映像が重要な役割を果たしてました。

チュニジアのジャスミン革命 でインターネットによるフェイスブックなどの情報が重要な役割を果たした事は有名な話ですね。

ITは今が旬の時代を迎えています。もう技術的な発達は成熟期を迎え、インターネットのインフラが整った今、これからの時代は発想力が鍵になるのです。例えば、市場調査から生まれる物より、感覚で生まれるものが技術を発展させる。iPadは市場調査から生まれたと言うより発想が素晴らしくてヒットしたと言えるでしょう。

残念ながらすっかり今度のITに乗り遅れた日本は戦後の技術力での成功体験が負の財産になっている。そんな厳しい話もありました。発想力が勝負のIT成熟期の今、まだ技術力で勝負しようと、出来ると妄想を抱いている人達がある、と。

しかし、実は日本人には元々素晴らしい発想力があるそうです。鎖国していた江戸時代に日本人が発想した数々の素晴らしい物があるそうですし、例えば楽しむ為の発明はすごい。例えばカラオケ!なんかも言われて見れば大発明ですよね!

以前安藤忠雄さんがこんな事をおっしゃっていました。

「好奇心を持たない者は死んでいるのと同じ」

発想力を磨くには意外にこんな事が重要かな、とも思った私でした。


※写真はリュウゼツラン テキーラの原料になる植物です。初島にて。


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2011-09-04 09:18 | つぶやき | Comments(0)
「アレンジメント見本帖」に山岡のアレンジが載っています。
a0060141_17495020.jpg

お正月や季節の行事の花あしらい、暮らしの中での花あしらい、そして花器別の花あしらい、、と、そんなシチュエーション別に美しいアレンジメントの写真や、ちょっとした歴史などの話しも盛り込まれているとても素敵な本が誠文堂新光社さんから出版されました。

人気フローリストが制作しているアイデアやテクニックが満載!作り方や花の説明なども丁寧でわかりやすく、ぱらぱらとめくって写真を見ているだけでも楽しいですし、色んなアイデアが生活のヒントが盛りだくさん。私が見ても感心したり、見とれたりする花やアレンジが沢山!

私のクリスマスのキャンドルアレンジの作品も掲載されています♪

誠文堂新光社 「シーンで贈るフラワーアレンジメント見本帖」 1600円(税抜) 


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2011-08-18 18:02 | つぶやき | Comments(1)
男の花贈り ABC
a0060141_18124387.jpg

市場で「男の花贈りABC」と言う冊子が置いてありました。面白いので一部、ご紹介。

Q 花を抱えて歩く男性とどう思いますか? との問いになんと72%の女性は好印象を感じているそうです!

その理由は「優しい人に見える」「頑張って!と応援する気持ちになる」「恋人、家族、友人、だれに贈るとしても、カッコイイ!」「お花を貰う人をイメージして、幸せで素敵だと思う!」
なんですって。私も同感です!

花束を持って歩くなんて恥ずかしい・・っていうのはもう古いみたいですね。どうどうと、格好良く花を持って歩く男性をもっと見たいものです!

ギンコでは通常花束は紙袋に入れてお渡ししていますが実は花束をそのまま持って歩いて行って欲しいな~って思っている私です。だって、男性女性にかかわらず、花を持って歩くのって楽しいし、見る人も楽しい気分にさせてくれますよね?♪

とは言っても、お花屋さんに行き慣れていない男性には、花屋はドキドキ空間かもしれません。この冊子には花贈り初級編の手ほどきが書いてありました。

なるほど。。まず、

STEP1 用途を伝える  

御祝か、お見舞いか、記念日か、送別会かなど
具体的な用途を伝えると花屋さんは用途に合うお花をコーディネイトしてくれます。

STEP2 予算を伝える
おおよその予算を伝えよう。数百円から気持ちを伝えるお花は買えます。

→ちょっとしたギフトなら500円から2000円くらい
失敗出来ない大事な時なら3000円から10000円程度が目安です。

STEP3 どんなものを贈りたいか相談する
希望する花の色や、花束かアレンジメントなのか、鉢物が良いのか、相談して決めよう。
→どんどん相談してください!良いアイディアいっぱい持ってます♪

さらに、ポイントとして、
① イザと言う時の為に、相談しやすい花屋を見つけておこう! → もちろん、ギンコへ!

② 時間が無い人は電話予約がおすすめ。インターネットで注文できる花屋もあります。
  →もちろんギンコも対応しております!お電話予約はお店でお待たせしないので特に男性にはおすすめです。

③ かわいいラッピングははずかしい」と言う人は注文の時に伝えておこう。
 →ギンコは基本花束は黒のラッピング。男性向けです。紙袋から見えて欲しくない場合はもちろんお伝え下さい。お花の上に薄紙を敷いて外から見えないようにできます!

花贈りを楽しむ男性の応援隊になりたいギンコです♪♪♪

a0060141_18293847.jpg

男性に人気のボックスアレンジメント。蓋を閉めてブラックのカートンボックスバッグに入れてお渡しします。お花が入っているとはちょっと想像できないサプライズボックス。
生花6000円より プリザーブド8700円より 

※ただ今盛夏は生花のBOXアレンジメントは品質保持の為、蓋を開けてのお届けとなります。


★ご注文は、ネットショップからどうぞ!→GINKGO WebShop

by ginkgoflower | 2011-07-16 18:33 | つぶやき | Comments(0)



GINKGO  恵比寿ガーデンプレイス近くの花屋です! 
by ginkgoflower
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
お花の話
お店の話
ウェディングの話
フェイクアレンジメント
季節の話
つぶやき
父の日
レッスン
旅の話
素敵な花器
自然
母の日
お気に入りブログ
旅するニャメロ
最新のコメント
みや 様 ストレリチア..
by ginkgoflower at 18:05
古いブログを、すいません..
by みや at 15:14
ありがとうございました!..
by ginkgoflower at 17:20
ありがとうございました。..
by たかまきやすし&東京ベルズ at 20:30
ゆきこさん、フフフ。。意..
by ginkgoflower at 11:59
ゆりのの花粉を見ると....
by ゆきこ at 22:32
ヨッシー【= 山岡父です..
by ginkgoflower at 18:43
更新がおくれていますナ。
by ヨッシー at 08:56
ishii様 笑!石井..
by ginkgoflower at 14:36
今日は忘れてません!!!..
by ishii at 16:28
最新のトラックバック
今日の観葉植物君
from クリエーター達の独り言
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧